クリスマスぼっちを全力で回避する方法【来世に期待】

クリスマスが近づくとカップルがソワソワするのは当然ですが、同じように「クリスマスにぼっちになりそうな人」もソワソワします。

街を見渡せば綺麗なイルミネーションと幸せそうなカップル、なのに自分はボッチ。

クリスマスぼっちを全力で回避したい、もしくは恋人を作るのは来世に期待してクリスマスぼっちを有意義に過ごしたいという人もいるのではないでしょうか。

クリスマスぼっちの回避方法とぼっちの過ごし方です。

クリスマス前日までの準備

クリスマスというのは、何も突然やってきません。一日ずつゆっくりと近づいてきます。

そして普段は何も考えずに、YouTubeを観たり漫画を読んでいるうちに知らない間にクリスマスがやってきます。

「そうかもうクリスマスか・・・」と気づいたころには、ふと周りを見渡すとカップルが次々と出来上がっています。

そして「クリスマスが近い」と気づいてからも、意外と「何も行動しない」人は多いです。そしてそういう人に限って「クリスマス当日はちょっと焦る」のです。

クリスマスぼっちを回避するためには、当然ですが「事前の準備が必要不可欠」です。

イベントに参加する

まずは基本中の基本ですが「イベントに参加する」ようにします。特にクリスマス前になると「何かしらのイベント」がそこら中で行われています。

ネットが発達しているこの時代に「ネットを活用しないのはやばい」です。

ましてやリアル友達の場合だと

「あいつは急にクリスマス前になって必死に恋人探してる、必死過ぎて泣ける」

とイジられる可能性が高いです。

そのため「リアル友達とは違う場所」で探すようにしてください。

例えば、下記のようなサイトで探してみるのも良いです。

TwiPla

上記のサイトは20代ぐらいの若い人向けではありますが、趣味つながりで何かしらの出会いがありそうです。上記のようなサイトは無数にネット上にあるので、自分に合いそうなサイトを見つけてイベントに参加するようにしましょう。

飲み会にも積極的に参加

次は王道ですが、クリスマス前の飲み会には積極的に参加するようにしましょう。特に12月は忘年会シーズンです。できるだけ忘年会に参加するようにして、「人脈作りに励む」ことに命をかけます。

例え、その会には好みの人がいなくても「貪欲に次」を狙いにいきます。

相手にも「あと一回ぐらいはクリスマス前に飲み会頼むで」とグッと力強く相手の手を握りながら念押ししておきましょう。相手もあなたのあまりにも強いシェイクハンドにビビッて、飲み会を直ぐに開いてくれます。

そしてクリスマス前の飲み会は「成功率が異常に高い」シーズンでもあります。お互いに妥協しやすくなります。

「・・・ま、まぁこの人でもいいか、いい人そうだし」となるわけです。

日頃あまり飲み会に行かない人でも、クリスマス前の飲み会には積極的に参加するようにしてください。ボーナスチャンスです。

モテない友人とがっちり約束を入れておく

最後は保険として「必須」です。「どうしてもクリスマスをボッチで過ごしたくない」という人は、事前にそれとなくモテなそうな友人に探りを入れておきます。

「そういやお前さ、12月の第四週の火曜日って何か用事あんの?」と「クリスマスイブ」や「24日」という呪のワードを使わずに確認します。(今はクリスマスとはクリスマスイブのことを言います)すると大概は

「・・・・・・まあ、空いてるっちゃあ空いてるな」と友人は答えるでしょう。最初の間はなんやねん!とツッコミを入れたくなるところですが、貴重な同志を失ってはいけないので、予定を合わせておきましょう。

これがクリスマス直前にモテない友人に予定を確認すると、バイトなどでも「モテない人」ということを周りから認知されており、「クリスマスの日にバイトのシフトに入れさせられている」可能性が高いのです。

早め早めにモテない友人を確実に押さえるのは極めて重要です。

そして「もしかしたらやけど、当日は予定が入るかもしれん。そんときはごめんな」と軽くモテない友人にジャブを入れておきます。

こうしたジャブを入れておくと、クリスマス当日に友人から

「そういやお前、何か予定入るとかドヤ顔で言ってなかった?wwwごめんってなにがwww」と笑いのネタになります。

クリスマス当日の過ごし方

クリスマス前まで必死に恋人を作ろうとしても作れないときもあります。いや大方の場合は「そんな直前に慌ててもダメ」なこと多いです。

そこでクリスマスぼっちを回避するためのクリスマス当日の過ごし方です。

イベントに参加する

まずはクリスマス当日も「イベントに参加」することを考えてみてください。こういったイベントに参加すると

「世の中には自分と同じような自意識過剰な人が大勢いるんだな」と安心します。

そしてクリスマス当日のイベントは「なぜか上手くいかない」です。周りの人も「参加することだけが目的」の人が多いです。

つまり「家で独りで過ごしたくない人が何となく寂しさを紛らわすために集まっている」のです。

本当はさっさと家に帰って暖房をつけて、テレビの特番を見ながらみかんを食べたいのです。

ただしこのようなイベントに参加するだけでも「自分は最後までよく頑張った」と自分自身に対して、一定のプライドを抱けるようになります。確かにクリスマスに恋人はできなかったけど、自分なりに精一杯頑張ったと、墓前で先祖に向かって胸を張って言えます。

なかなかいないですよ、クリスマス当日まで必死にクリスマスぼっちを回避しようとする人は。

漫画喫茶に閉じこもる

クリスマスまでに「本当に何も予定を作ることができなかった」場合で、「かといって家で独りでも居たくない」人は大人しく漫画喫茶に行きましょう。

漫画喫茶に行くと、周りには自分と同じように何の予定もなく漫画を読んでいる人がいます。そこでオススメのマンガが「1日外出録ハンチョウ」です。

1日外出録ハンチョウ

「カイジ」のスピンオフ漫画で、地下送りにされた多重債務者(ハンチョウ)が1日外出券を使って地上に出てきて一日を過ごすという内容です。

この漫画を読んで「シャバで生活できている実感」を味わうようにします。クリスマスなどのイベントのときは、自分よりも下の境遇の人たちを見て、自分の心の安定を保ちます。上を見てはいけません。隣の芝生はどこまでも青く、光り輝く隣の芝生は目にも悪いですし心にも悪いです。

友人とあえて有名なデートスポットに行ってメンタルを鍛える

最後は実は一番オススメするクリスマスのぼっち回避方法です。

それは「デートスポットのど真ん中を友人と二人で徘徊する」ことです。イルミネーションが綺麗なところには必ずと言っていいほどカップルが多く集まっています。

そういった場所にモテない友人と一緒に行き、お互いの雄姿をカメラで撮り合います。

一番メインのイルミネーションの前で、大きく両手を上に広げて「Yのポーズ」をしながら写真を撮ることができたら完璧です。
クリスマスのイルミネーション

友情とはこうして育まれていくものです。

ただあまりにモテないからといって周りのカップルを威嚇するように大きな声で話したり、にらみつけてはいけません。

ちょっと伏し目がちに道の隅っこのほうを歩き、「あいつらもっと道の隅っこ歩けや!そろってジャガイモみたいな顔しやがって」とブツブツ友人と言い合うぐらいが哀愁があり最高です。

来年のクリスマスに向けて勝負は始まっている!

今年のクリスマスがぼっちだとしても、そこまで悲観的になる必要はありません。なぜならクリスマスは来年も何気ない顔をしてやってくるからです。

来年のクリスマスへ向けて「脱クリスマスぼっち」の戦いはクリスマスが終わると同時に始まっています。クリスマスが終わったと同時に切り替えてスタートだダッシュを切ることができる人が来年のクリスマスでは脱クリスマスぼっちを達成できます。

そして来年にクリスマスでは「そういや去年のクリスマスはさ・・・」と横に並んで歩いている恋人に今年のクリスマスの出来事を話すことができるのです。

上場企業が提供
恋愛婚活「with」
SNSでお馴染みメンタリストDaiGoさんが監修した恋活アプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました